キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

脂性と乾燥肌からの脱毛症

AGA治療の一環で事前に知っておきたい事がありました。
頭皮は肌と同じである以上、体質が深く関係しているという事です。

カテゴリーは複数に分けられますが、シンプルに脂っぽいか乾燥がちかの2つです。
見分け方は簡単で、指の腹で頭皮を軽くこすってみて下さい。
指先がテカテカ光った場合は脂症で、カサカサ粉っぽい場合は乾燥肌です。

その日の体調や行う時間でも差は多少出ますが、分類する簡単な見分け方として参考下さい。

実際に、その状態による2パターンの症状が抜け毛の原因として医学的に挙げられています。
脂漏性(しろうせい)と粃糠性(ひこうせい)脱毛症です。

脂漏は頭皮にある皮脂の分泌量が多く、漏れて酸化し脂性のフケとなります。
洗い流しにくく、毛穴に詰まり細菌が繁殖し炎症を起こし抜け毛を増やすと言われています。

粃糠は、過度なシャンプーやマッサージで頭皮が傷つき起こる場合が多いそうです。
乾性のフケが異常発生し、毛根の成長を阻害し痒みによる掻き毟りにより抜け毛を起こす様です。

脱毛に関わらず、肌に発疹が現れたり皮膚炎になったりする症状もある様です。
育毛剤 通販を参考に、シャンプーの選び方や、毎日のケアで改善して行きましょう。

女性の薄毛の原因【脂性乾燥肌脱毛症】について

ハゲは男性に多いイメージですが、女性でも抜け毛に悩んでいる方はおられます。

全体的にボリュームが減っていくのが大きな特徴です。原因は生活習慣やホルモンバランスの乱れ、過度のストレスの他にも、間違ったヘアケアや無茶なカラーリングなどが挙げられます。

特に間違ったシャンプーの仕方によって引き起こされる薄毛を「脂性乾燥肌脱毛症」といいます。

女性の抜け毛には間違ったヘアケアが関係している

本来、頭皮にはある程度の皮脂というものが必要です。かといって過度の皮脂に覆われているとこれも抜け毛に繋がりますので、そのことを恐れて大量のシャンプーを使って何度も頭を洗ってしまう人がいるのです。

しかし、これは頭皮の乾燥を招いてしまいます。

頭が乾燥肌になってしまうと、今度はそれをカバーするために大量の皮脂が分泌され脂性肌に変わります。
そしてそれが毛穴に詰まって炎症を起こし、「脂性乾燥肌脱毛症」となってしまうのです。

乾燥と皮脂による脂性は互いに均衡を取り合うことでカバーしあっているため、間違ったヘアケアの方法がそれを崩してしまうことで一気に薄毛へと進行してしまいます。先発は適度に控えるよう、普段から気を付けておく必要があります。